割り切り関係にも様々なものが存在しています。

その中でも、今ひとつ区切りが分からないというものがあるかもしれません。

例えば「愛人」と「不倫」の違いです。

今回はそんな違いについて考えていきたいと思います。

愛人は契約が多い?

愛人という関係の場合、お互いがその意識を持っている場合が大半です。

ですから、愛人という「契約」をしている場合が多いとも考えることが出来るでしょう。

中には、月に会う回数やデートのスタンスまで細かな約束事をしている方も少なくないのです。
不倫は形が多い
割り切りやすいというところから、不倫関係を望むという方もいらっしゃいますし、好きな人にたまたま家庭があったなどという理由から、仕方なく不倫の道を選択したなどという場合もあるでしょう。

ですから、不倫の形といもうのをなかなか1つにまとめることは難しいのです。

ただいえることは「家庭がある人が配偶者以外と身体的関係を持つこと」という共通の部分は存在しています。

不倫は「ダブル」が存在している

愛人関係の場合「ダブル愛人」などというものは存在していませんが、不倫の場合ですと「ダブル不倫」というものがあります。

要は、それぞれに家庭があった上で関係を結んでいるという状態です。

こうした環境の違いから愛人と不倫を区別するという事もできるでしょう。

愛人関係のほうがトラブルに進展しにくい

先にも触れたように、契約というベースが多いことから、愛人関係のほうがトラブルに進展しにくいとも言われてます。

もちろん、絶対的ではありませんがそうした傾向が強いという違いもあるようです。(http://xn--n8j7a6c5b4f6b.com/)

愛人関係と不倫関係どちらが良いのか

似ているようで違いも多い愛人と不倫という関係。

どちらが良いのかという点においては、片方をお勧めするという事は出来ません。

それぞれの環境に合わせたベストな関係を築いていただくのが良いかと思います。

自分の立場や相手との付き合い方を考えて選択していくのがベストでしょう。